カービューティープロ 札幌ドーム前

011-799-0865営業時間 :平日 10:00~19:00 
休業日:不定休

膜厚計について

研磨を行う際には塗装の状態を把握するため、膜厚計で塗装状況を把握し適正な機械と液剤を選定、有限の塗装面を磨きすぎる事(過研磨)の無いようにしています。

計測について

マツダ・CX-5(クリスタルホワイトパールマイカ)
ボンネット 70μm



研磨を行いコーティングを施工したところ
なんと!

6μmも上がりました!


凄いですね~

でも実は
何もしていないんです。
マスキングを行った部分を計測すると、微妙に動いただけで変化します。









この様に約5~10μmは差があります。
1mm=1,000μmなので10μm程度は誤差です。

では、なぜ膜厚計が必要なのか?

上記のCX-5で考えるならば約70μmの塗装、クリアー部分は約30%と想定します。つまり21μm
研磨で行えるのはこのクリアー部分です。通常の洗車傷で約4μm程度と言われておりますが、除去するためには5μm研磨をすればいいのです。約5μmの研磨では4回も行うと色部分が出てしまう可能性があります。

この事からお客様にいつコーティングされたのか?をお聞きし残量を想定しているのです。

ちなみに、塗装業の友人のお話では公共事業の塗装の場合、10回計測して平均値を提出するとの事。
なので、あくまでも目安として考えるのが良いと思います。再塗装されていることも分かりますしね。


では何のために使うのか?



160μm アルミ製
※鉄、アルミの塗装面を計測することが可能
※この計測で板金塗装修理している車が判明する場合があります。

下記は計測の一例ですがスカイラインGT-R(R34)になります。
フロントフェンダーを交換され交換されたフェンダーとドアの色差を無くす為にボカしてる事が数値で判断できます。


ドア前側、新たに塗装されたフェンダーに近いことから250μ前後の厚さがあります。
※オリジナルは100ミクロン前後


ドア後ろ側、徐々に薄くして差を出さない様にしています。
この場合は研磨も強弱を使い分けボカして仕上ます。


1ミリに満たない塗装は勘だけでは状態を判断できませんので当店では膜厚計の使用を必須と考えております


施工にあたり重要な事
























↑ PAGE TOP