カービューティープロ 札幌ドーム前

011-799-0865営業時間 :平日 10:00~19:00 
休業日:不定休

この様な状況のお車がご来店しております。

2016/1/28
レクサス・LX570 黒(202)

納車後すぐにご入庫頂きましたLXですが、ドア上部に研磨の痕が見受けられました。
傷、汚れを除去するために加修したものと思われますが、適正な資材、機材、照明がないためこのような結果になったと思われます。通常では目立たないので納車コンディションではOKでもコーティングレベルで考えるとNGです。

新車時のオプションでのコーティングは下地処理をやらないケースや、行ったとしても上記のように研磨傷を発生させている可能性があります。

スズキ・スペーシア

展示車両を購入され納車前より洗車及び拭き取りの傷でご相談を受けておりましたが、納車された時点で磨きによる傷跡が散在しておりました。良かれと思われて研磨されたようですが技術力不足で最悪の納車状態になったと考えられました。

トヨタ・ヴェルファイヤ(202ブラック)

ポリマーコーティング 約3万円を行ったヴェルファイヤ
バフキズ多数 しかし価格なりと思います。


メルセデス・C240

ガラスコーティング 約12万円を行ったメルセデス
バフ傷、オーロラ、価格の割りに気の毒でした‥


トヨタ・センチュリー(202 ブラック)


部分的に再塗装を行ったお車ですが、再塗装部分との違和感を無くすために全体的に研磨を入れましたが、過去のコーティングの際に入ってしまったバフ傷が大量にありました。

メルセデス・E320

関東の中古車業者様で購入時に抱き合わせでコーティング施工。
その時の痕跡はコンパウンドのカスでしたが深いバフ傷は前オーナー様が専門店で施工された傷跡と考えられました。

スズキ・スイフト


中古で購入したところ、もやもやが気になるとの事でご相談を受けました。
パールホワイトは傷の撮影が困難ですが、深いためハッキリ写っております。

トヨタ・ファンカーゴ(202 ブラック)


仕入れた車が大変なことになっていた!と中古車業者様より依頼されました。

ボンネットに北極圏を想像してしまうオーロラが幻想的に輝いておりました。
せっかくのファンタジックな輝きを残念ながら消さなければなりません(苦笑)

レクサス・GS

5年ほど前に他社様でコーティング施工されたそうです。施工当時はキレイだった様ですが年々くすみが発生。
お客様自身の手入れの仕方が問題かとも思えましたが、コーティングで研磨傷を埋めて(又は目立たなく)していた様に見受けられます。つまりコーティングが剥げてバフ傷が出てきたものと考えられます。埋めることはカーボンパーツや旧車など塗装の余裕がない場合はお客様説明の上施工するのもアリと思われますが、どうにもニーズが違うように思えました。

なぜこのようになるか?
 施工環境 ○シャッター開けっ放しで外気が入り込む環境、もしくは屋外での研磨。
○外光が入り込む環境の為、塗装面がハッキリと見えない。
○重整備を同じスペースで行っていた事でチリが噛んだ。
 照明 ○蛍光灯の下だけで施工した。
○明るさ、色温度が単純(最低でも数パターン必要)
※特殊光源が無ければ塗装面が見えません。 
 液剤 ○研磨力の強いミガキを1工程だけ行った。
※これは商品車を作る際によく見られます。しかしコストの面では仕方がないと思います。
○粉砕タイプのコンパウンドで無理やり仕上げた。
※粉砕タイプのコンパウンドはこれ1本でOKとうたい文句ですが初期研磨時の際に粒子が荒くバフ傷が深く入り込みます。あまり磨けない職人さんが好まれるケースが多いです。

マスキング不良のお車


1年前に他社にてコーティング施工、マスキング不良により色が剥げてます。


隙間にコンパウンドがべったり入り込んでます。
これを取るの大変です。

板金修理後のお車

こちらは板金修理後のお車ですが、板金屋さんと磨き屋の求めている点の違いが判るかと思います。
2016/02
トヨタ・ハイエース

2016/3
クラウン


ブログ カテゴリ 研磨コーティング(経年車トラブル)


施工にあたり重要な事






















↑ PAGE TOP